アトレティコ・マドリード



    1 久太郎 ★ :2022/02/24(木) 06:56:14.39

    ベンフィカ 2-2 アヤックス
    [得点者]
    デュサン・タディッチ (前半18分)アヤックス
    オウンゴール     (前半26分)ベンフィカ
    セバスティアン・ハラー(前半29分)アヤックス
    ロマン・ヤレムチュク (後半27分)ベンフィカ
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20152441


    アトレティコ・マドリード 1-1   マンチェスター・ユナイテッド

    [得点者]
    ジョアン・フェリックス(前半07分)アトレティコ
    アントニー・エランガ (後半35分)マンU
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20152443


    UEFA-CLベスト16 全試合結果
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41


    【【サッカー】UEFA-CLベスト16第1戦 ベンフィカ×アヤックス、アトレティコ×マンU [久太郎★]】の続きを読む



    1 Egg ★ :2021/12/28(火) 18:22:20.78

    スペイン1部アトレチコ・マドリードのウルグアイ代表FWルイス・スアレス(34)にオファーが殺到しそうだ。

     2022年6月末にAマドリードと契約満了になるスアレスは、ディエゴ・シメオネ監督との関係も冷え込んでいることから契約延長を検討しておらず、シーズン後に欧州以外のエリアへ進出する見込みだ。すでに元イングランド代表MFデービッド・ベッカム氏が共同オーナーを務める米メジャーリーグサッカー(MLS)のインテル・マイアミが獲得に乗り出すと報じられている。

     ただ、英メディア「90MIN」は、ブラジル1部コリンチャンスがスアレスに関心を持っており、各クラブとの交渉が自由になる来年1月1日にも正式オファーを出す予定と報道。他にも同1部フラメンゴなどのブラジルクラブが興味を持っており、インテル・マイアミは2年契約を提案する準備を進めていると伝えている。

     そんな中、スアレスは10月末に米「ESPN」で自身のキャリアに言及し「悪いイメージを残さないために、別の場所で自分自身のプレーを楽しみたい。プレッシャーを感じる南米よりも米国かアジアでプレーするかもしれない」と発言。スペイン1部バルセロナ時代に同僚だった元同国代表MFアンドレス・イニエスタ(37)が所属するJ1神戸も選択肢として考えているのは間違いないところだ。

     くしくも今季リーグ3位となった神戸は来夏の大型補強がささやかれている。これまでもFWビジャやFWボージャン・クルキッチらバルセロナ出身選手を獲得しており、スアレスも候補として検討しているはず。今夏の加入も十分に期待できそうだ。

    東スポ 12/28(火) 17:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/51d4e89c53bca2cd1d5739b21e4fa81913e1bd3d

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=613&exp=10800


    【【サッカー】<ルイス・スアレス>今季限りでアトレチコ・マドリード退団へ!米国かアジアを希望...やっぱりJ1神戸入り!? [Egg★]】の続きを読む



    1 Egg ★ :2021/12/21(火) 22:44:20.59

    リーベル・プレートに所属するアルゼンチン代表FWフリアン・アルバレスの獲得に向け、欧州ビッグクラブによる争奪戦がさらに激化しつつあるようだ。マンチェスター・ユナイテッドなども参戦してきたと報じられている。

     現在21歳のアルバレスはリーベル生え抜きの新たなビッグスター候補。今年6月にはアルゼンチンA代表デビューも飾り、クラブでも今季アルゼンチン1部リーグで21試合18得点とゴールを量産している。


     欧州からも多くのビッグクラブがアルバレスに注目。これまでスペインなどのメディアでは、レアル・マドリードやユベントス、アストン・ビラなどが特に関心を示しているとも報じられていた。

     アルゼンチン紙『オレ』が19日付で伝えたところによれば、ユベントスのほかミラン、インテル、レバークーゼン、バルセロナなどはすでにスカウトを派遣し獲得への積極的な動きを見せているという。さらにここ数週間で、新たにマンチェスター・ユナイテッドやバイエルン・ミュンヘン、アトレティコ・マドリードからの接触もあったとされている。

     リーベルとしては、カタールワールドカップ出場を目指すためには安定してプレーできる環境が必要であることなどを理由として、アルバレスの引き留めを図ろうとしているようだ。だがリーベルとアルバレスの契約には2000万ユーロ(約26億円)の契約解除金が設定されているとみられており、この金額を支払うクラブが出てきたとすれば、あとは本人の意思次第で欧州移籍が実現することが見込まれる。

    フットボールチャンネル 12/21(火) 20:32
    https://news.yahoo.co.jp/articles/91c158feabcd61cea8b115b402aaffd938b9bcc9

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?exp=10800


    【【サッカー】<FWフリアン・アルバレス>マンUなども参戦で争奪戦激化?今季アルゼンチンリーグで21試合18得点とゴールを量産 [Egg★]】の続きを読む

    このページのトップヘ