インテル



    1 Egg ★

    今季もセリエAの優勝争いは大きな盛り上がりを見せているが、少し残念なのが欧州カップ戦での戦いだ。イタリア国内リーグの盛り上がりに比べ、欧州カップ戦では思うような結果が出ていないのだ。

    チャンピオンズリーグではミランがグループステージ敗退、インテルも決勝トーナメント1回戦でリヴァプールに惜しくも敗れた。両チームともスクデットを争っているが、まだ2つのコンペティションを戦い抜くだけの選手層は揃えていない。まだチャンピオンズリーグ制覇までは時間がかかる印象だ。

    チャンピオンズリーグで生き残っているイタリア勢は、16日にビジャレアルとの2ndレグを控えているユヴェントスのみ。今季はユヴェントスも苦戦しているが、近年のイタリア勢はユヴェントスくらいしかチャンピオンズリーグで目立った結果を残せていない。今季も唯一の生き残りになってしまい、最低でもベスト8には進みたい。ビジャレアルとの1stレグは1-1のドローとなっているが、ホームでの2ndレグでビジャレアルを撃破できるか。

    ヨーロッパリーグの方も変わらない。プレイオフではラツィオがFCポルト、ナポリがバルセロナに敗れてしまい、残っているのはアタランタだけだ。アタランタはレヴァークーゼンとの決勝トーナメント1回戦1stレグを3-2で勝利しているが、アウェイで迎える17日の2ndレグは油断ならない。ここでも全滅は避けたい。

    最後に今季から創設されたヨーロッパ・カンファレンスリーグだが、ここではローマが生き残っている。この第3のコンペティションにどこまで力を入れるかは難しいが、顔ぶれを見ればローマは優勝候補の一角と言っていい。決勝トーナメント1回戦1stレグではオランダのフィテッセを1-0で撃破しており、リーグ戦の方に集中しつつカンファレンスリーグでもファイナルへ進めれば理想的だ。

    各コンペティションでイタリア勢が1チームずつしか残っていないのは寂しいが、欧州カップ戦では苦戦が続いている。まだイングランド勢、バイエルン、レアル・マドリードといった強敵とは互角に戦うのが難しく、特にチャンピオンズリーグでは優勝候補に挙げられるクラブが見当たらない。

    資金面での差もあるが、イタリア勢はどうライバルとの差を埋めていけばいいのか。チャンピオンズリーグでは2009-10シーズンのインテルが最後の優勝となっており、2020年代のうちに何とか次の欧州王者を生み出したいところだ。

    写真
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?exp=10800

    ワールド 3/16(水) 10:50
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f1603dcac98a26ffb3da66c60d63dbc595e86c12


    【【サッカー】<イタリア勢のCL制覇はいつになる?>国内リーグ盛り上がっても欧州では勝てぬ現状...今季もベスト16で全滅の可能性 [Egg★]】の続きを読む



    1 久太郎 ★ :2022/03/09(水) 07:02:31.08

    バイエルン 7-1 ザルツブルク
    第01戦   1-1     
    合計    8-2      
    [得点者]
    ロベルト・レバンドフスキ(前半12分)バイエルン PK
    ロベルト・レバンドフスキ(前半21分)バイエルン PK
    ロベルト・レバンドフスキ(前半23分)バイエルン
    セルジュ・ニャブリ   (前半31分)バイエルン
    トーマス・ミュラー   (後半09分)バイエルン
    モウリツ・ケアゴー   (後半25分)ザルツブルク
    トーマス・ミュラー   (後半38分)バイエルン
    レロイ・サネ      (後半40分)バイエルン

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20152447


    リバプール 0-1 インテル
    第01戦   2-0     
    合計    2-1   
    [得点者]
    ラウタロ・マルティネス(後半17分)インテル

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20152453


    CLベスト16 全試合結果
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41


    【【サッカー】UEFA-CLベスト16第2戦 バイエルン×ザルツブルク、リバプール×インテル 結果 [久太郎★]】の続きを読む



    1 久太郎 ★ :2022/02/17(木) 06:55:37.78

    RBザルツブルク 1-1 バイエルン・ミュンヘン
    [得点者]
    チュクビケ・アダム (前半21分)ザルツブルク
    キングスレイ・コマン(後半45分)バイエルン
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20152439


    インテル 0-2 リバプール
    [得点者]
    ロベルト・フィルミノ(後半30分)リバプール
    モハメド・サラー  (後半38分)リバプール
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20152445


    CLベスト16 結果
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41


    【【サッカー】UEFA-CLベスト16第1戦 ザルツブルク×バイエルン、インテル×リバプール [久太郎★]】の続きを読む



    1 Egg ★ :2022/01/25(火) 17:21:45.15

    「ミランもインテルも彼のような経験豊富な選手が必要だ」

    プレミアリーグで長年プレーした経験を持ち、母国の代表キャプテンとしてリーダーシップを発揮し、「守備の国」でも安定したパフォーマンスが評価され、街やサポーターに馴染もうとする姿勢を称賛されてきた。守備強化を目指すセリエAのクラブにとって、吉田麻也は貴重な存在かもしれない。

    【動画】胸で絶妙のパス!吉田が魅せた華麗なアシストをチェック

     イタリアのメディア『DIRETTA GOAL』は1月24日、「ローコストで守備補強。ヨシダがスクデットを競うことも」と題した記事で、吉田にインテルやミランといった強豪にステップアップする可能性があると報じた。

     1月6日のカリアリ戦で負傷し、現在は3試合連続欠場中で戦列を離脱している吉田だが、それまでのセリエAで20試合のうち18試合に出場。15試合でフル出場し、2得点・2アシストを記録している。

     コロナ禍前にサウサンプトンからサンプドリアに移籍して以降、この日本代表DFがジェノバ弁も含むイタリア語を駆使して環境に溶け込んで来たのは周知のとおりだ。イタリアを知るベテラン選手は、どのクラブにとっても有益な人材。加えて、現行契約が今季限りとなっている。


     同メディアは「ミランもインテルも守備で彼のような経験豊富な選手が必要だ。(ミラン強化部門幹部のパオロ・)マルディーニと(インテル強化部門幹部のジュゼッペ・)マロッタが彼を争って『戦争』をする可能性も除外すべきではない」と報じた。

    「ジョゼ・モウリーニョのローマにも注目だ。交渉となった場合に、ローマも忍び込む用意はある」

     1月に入って公式戦5連敗のサンプドリアは、ロベルト・ダベルサ監督を解任。かつて指揮を執ったマルコ・ジャンパオロ監督を復帰させた。新監督の下で立て直しを図るなか、吉田の去就に影響はあるだろうか。

    サッカーダイジェスト 1/25(火) 16:28
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2fc129ecbc7064a64a3966d40a0d769f70a711f0

    写真 
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=429&exp=10800


    【【サッカー】<DF吉田麻也(サンプドリア)>インテルやミランに移籍の可能性も?現地メディアが報道「ローコストで守備補強」 [Egg★]】の続きを読む



    1 Egg ★ :2022/01/03(月) 19:31:24.10

    ドイツ1部ドルトムントのノルウェー代表FWエーリングブラウト・ハーランド(21)を巡る争奪戦が激化する中、超大穴候補としてイタリア1部インテルが急浮上してきた。

     インテルはオーナーの中国蘇寧グループが財政難のため売却方針を決定。イングランド・プレミアリーグのニューカッスルを買収したサウジアラビアのモハメド・ビンサルマン皇太子率いる同国の政府系ファンド「PIF」と基本合意し、米経済誌「インターナショナル・ビジネスタイムズ」によると10億ドル(約1150億円)の買収額で近日中に正式決定する見込みとなっている。

     そうした中、すでに〝新生インテル〟がビッグプランへ向けて動き出している。スペインメディア「ミオトラリーガ」は「彼らはハーランドと〝銀河契約〟を結ぶ可能性を試したい。欧州チャンピオンズリーグ(CL)のチームでもあるため、より説得力のあるプロジェクトであり、ビンサルマン皇太子が持つニューカッスルとは違う」とインテルが争奪戦に乗り出すと報じた。

     とはいえ、ハーランドに対してはスペイン1部レアル・マドリードや、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーなどビッグクラブが獲得へ動いている。〝後出し〟のインテルにつけ入る隙はなさそうだが、大勢を覆す強力な武器がズバリ〝カネ〟だ。

    「とにかく彼らは費用を惜しまない。マドリードなどのチームが争奪戦の主導権を握っているのは事実だ。しかし(条件を)カットすることを主張するならば、エージェントはインテルのプロジェクトがリーダーになる可能性がある。それは非常に魅力的かもしれない」と指摘。

    ハーランドの契約を巡っては、代理人のライオラ氏が破格の手数料などを要求しており、史上最高額の年俸も含めて総額500億円を超える条件を想定している。これまでは要求を満たせるクラブはなかったが、資産が約50兆円とケタ違いの富豪であるビンサルマン皇太子ならば話は別。ハーランド側の天文学的な要求に対して、鶴の一声で満額どころかさらに上乗せする可能性すらありそうだ。

     インテルが買収発表とともにハーランド争奪戦にも電撃参戦することになりそうだ。

    東京スポーツ 1/3(月) 16:25
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d7dbcd625b3208372436ed2069525beb0ce4e427

    写真 
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=550&exp=10800


    【【サッカー】<ハーランド争奪戦>急展開!資産約50兆円の富豪サウジ皇太子による買収合意のインテルが急浮上!〝白紙の小切手〟提示へ [Egg★]】の続きを読む



    1 Egg ★ :2021/12/23(木) 17:17:21.22

    ミランとインテルは、2019年6月に発表した両クラブの新スタジアム計画にポピュラス社のプロジェクトが採用されたことを発表した。

    ポピュラス社は新ウェンブリーやエミレーツ・スタジアム、トッテナムスタジアムを担当した実績を持つ設計会社だ。同社の経験を生かし、「大聖堂」と名付けられた新スタジアムプロジェクトが本格的に動き出した。

    スタジアムの周りには11万平方メートルの緑地とカーボンニュートラルを含むスポーツとレジャーに特化した施設が展開される予定。スタジアムのデザインは、ミラノのドゥオーモとヴィットリオ・エマヌエーレのガレリアという、ミラノを代表する2つの建築物からインスピレーションを受けている。

    ミランのパオロ・スカローニ会長は、「新サンシーロは、その強いアイデンティティと認知度から、世界で最も美しいスタジアムになるだろう」と語り「クラブの成長と国際的な競争力を促進する、ミラノの街にとってアクセスしやすく持続可能な魅力的なアリーナ」と付け加えた。

    インテルのコーポレートCEOであるアレッサンドロ・アントネッロ氏は、「ミラノ新スタジアムは、一年中生活できる超現代的な緑地帯に建設されるだろう。スポーツとレジャーのための新しい地区と5万平方メートルの公園によって、サン・シーロはスポーツとエンターテインメントのためのお勧めの地域になる」と述べた。

    名前については引き続き「サン・シーロ」が継続される予定。新スタジアム完成後、現在使われている旧サン・シーロは、2026年の冬季オリンピックまでは維持され、開会式が行われることが決まっている。その後は解体されるか、縮小されて使用されるとのこと。

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=360&exp=10800

    GOAL 12/23(木) 17:08
    https://news.yahoo.co.jp/articles/051d6834348e79c39a1515acd27bc2752ad428e5


    写真
    https://pbs.twimg.com/media/FHJcy02X0AgmfLL?format=jpg&name=360x360

    https://pbs.twimg.com/media/FHJcy0rWQAkBHZc?format=jpg&name=360x360

    https://pbs.twimg.com/media/FHJcy0xXwAM4rEm?format=jpg&name=360x360

    https://pbs.twimg.com/media/FHJcy0yXsAQ2IS5?format=jpg&name=360x360


    【【サッカー】<ACミランとインテル>新スタジアム「大聖堂」計画を発表!名前については引き続き「サン・シーロ」が継続される予定... [Egg★]】の続きを読む



    1 Egg ★ :2021/12/21(火) 22:44:20.59

    リーベル・プレートに所属するアルゼンチン代表FWフリアン・アルバレスの獲得に向け、欧州ビッグクラブによる争奪戦がさらに激化しつつあるようだ。マンチェスター・ユナイテッドなども参戦してきたと報じられている。

     現在21歳のアルバレスはリーベル生え抜きの新たなビッグスター候補。今年6月にはアルゼンチンA代表デビューも飾り、クラブでも今季アルゼンチン1部リーグで21試合18得点とゴールを量産している。


     欧州からも多くのビッグクラブがアルバレスに注目。これまでスペインなどのメディアでは、レアル・マドリードやユベントス、アストン・ビラなどが特に関心を示しているとも報じられていた。

     アルゼンチン紙『オレ』が19日付で伝えたところによれば、ユベントスのほかミラン、インテル、レバークーゼン、バルセロナなどはすでにスカウトを派遣し獲得への積極的な動きを見せているという。さらにここ数週間で、新たにマンチェスター・ユナイテッドやバイエルン・ミュンヘン、アトレティコ・マドリードからの接触もあったとされている。

     リーベルとしては、カタールワールドカップ出場を目指すためには安定してプレーできる環境が必要であることなどを理由として、アルバレスの引き留めを図ろうとしているようだ。だがリーベルとアルバレスの契約には2000万ユーロ(約26億円)の契約解除金が設定されているとみられており、この金額を支払うクラブが出てきたとすれば、あとは本人の意思次第で欧州移籍が実現することが見込まれる。

    フットボールチャンネル 12/21(火) 20:32
    https://news.yahoo.co.jp/articles/91c158feabcd61cea8b115b402aaffd938b9bcc9

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?exp=10800


    【【サッカー】<FWフリアン・アルバレス>マンUなども参戦で争奪戦激化?今季アルゼンチンリーグで21試合18得点とゴールを量産 [Egg★]】の続きを読む

    このページのトップヘ