セリエA



    1 Egg ★

    今季もセリエAの優勝争いは大きな盛り上がりを見せているが、少し残念なのが欧州カップ戦での戦いだ。イタリア国内リーグの盛り上がりに比べ、欧州カップ戦では思うような結果が出ていないのだ。

    チャンピオンズリーグではミランがグループステージ敗退、インテルも決勝トーナメント1回戦でリヴァプールに惜しくも敗れた。両チームともスクデットを争っているが、まだ2つのコンペティションを戦い抜くだけの選手層は揃えていない。まだチャンピオンズリーグ制覇までは時間がかかる印象だ。

    チャンピオンズリーグで生き残っているイタリア勢は、16日にビジャレアルとの2ndレグを控えているユヴェントスのみ。今季はユヴェントスも苦戦しているが、近年のイタリア勢はユヴェントスくらいしかチャンピオンズリーグで目立った結果を残せていない。今季も唯一の生き残りになってしまい、最低でもベスト8には進みたい。ビジャレアルとの1stレグは1-1のドローとなっているが、ホームでの2ndレグでビジャレアルを撃破できるか。

    ヨーロッパリーグの方も変わらない。プレイオフではラツィオがFCポルト、ナポリがバルセロナに敗れてしまい、残っているのはアタランタだけだ。アタランタはレヴァークーゼンとの決勝トーナメント1回戦1stレグを3-2で勝利しているが、アウェイで迎える17日の2ndレグは油断ならない。ここでも全滅は避けたい。

    最後に今季から創設されたヨーロッパ・カンファレンスリーグだが、ここではローマが生き残っている。この第3のコンペティションにどこまで力を入れるかは難しいが、顔ぶれを見ればローマは優勝候補の一角と言っていい。決勝トーナメント1回戦1stレグではオランダのフィテッセを1-0で撃破しており、リーグ戦の方に集中しつつカンファレンスリーグでもファイナルへ進めれば理想的だ。

    各コンペティションでイタリア勢が1チームずつしか残っていないのは寂しいが、欧州カップ戦では苦戦が続いている。まだイングランド勢、バイエルン、レアル・マドリードといった強敵とは互角に戦うのが難しく、特にチャンピオンズリーグでは優勝候補に挙げられるクラブが見当たらない。

    資金面での差もあるが、イタリア勢はどうライバルとの差を埋めていけばいいのか。チャンピオンズリーグでは2009-10シーズンのインテルが最後の優勝となっており、2020年代のうちに何とか次の欧州王者を生み出したいところだ。

    写真
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?exp=10800

    ワールド 3/16(水) 10:50
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f1603dcac98a26ffb3da66c60d63dbc595e86c12


    【【サッカー】<イタリア勢のCL制覇はいつになる?>国内リーグ盛り上がっても欧州では勝てぬ現状...今季もベスト16で全滅の可能性 [Egg★]】の続きを読む



    1 Egg ★ :2022/01/25(火) 17:21:45.15

    「ミランもインテルも彼のような経験豊富な選手が必要だ」

    プレミアリーグで長年プレーした経験を持ち、母国の代表キャプテンとしてリーダーシップを発揮し、「守備の国」でも安定したパフォーマンスが評価され、街やサポーターに馴染もうとする姿勢を称賛されてきた。守備強化を目指すセリエAのクラブにとって、吉田麻也は貴重な存在かもしれない。

    【動画】胸で絶妙のパス!吉田が魅せた華麗なアシストをチェック

     イタリアのメディア『DIRETTA GOAL』は1月24日、「ローコストで守備補強。ヨシダがスクデットを競うことも」と題した記事で、吉田にインテルやミランといった強豪にステップアップする可能性があると報じた。

     1月6日のカリアリ戦で負傷し、現在は3試合連続欠場中で戦列を離脱している吉田だが、それまでのセリエAで20試合のうち18試合に出場。15試合でフル出場し、2得点・2アシストを記録している。

     コロナ禍前にサウサンプトンからサンプドリアに移籍して以降、この日本代表DFがジェノバ弁も含むイタリア語を駆使して環境に溶け込んで来たのは周知のとおりだ。イタリアを知るベテラン選手は、どのクラブにとっても有益な人材。加えて、現行契約が今季限りとなっている。


     同メディアは「ミランもインテルも守備で彼のような経験豊富な選手が必要だ。(ミラン強化部門幹部のパオロ・)マルディーニと(インテル強化部門幹部のジュゼッペ・)マロッタが彼を争って『戦争』をする可能性も除外すべきではない」と報じた。

    「ジョゼ・モウリーニョのローマにも注目だ。交渉となった場合に、ローマも忍び込む用意はある」

     1月に入って公式戦5連敗のサンプドリアは、ロベルト・ダベルサ監督を解任。かつて指揮を執ったマルコ・ジャンパオロ監督を復帰させた。新監督の下で立て直しを図るなか、吉田の去就に影響はあるだろうか。

    サッカーダイジェスト 1/25(火) 16:28
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2fc129ecbc7064a64a3966d40a0d769f70a711f0

    写真 
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=429&exp=10800


    【【サッカー】<DF吉田麻也(サンプドリア)>インテルやミランに移籍の可能性も?現地メディアが報道「ローコストで守備補強」 [Egg★]】の続きを読む



    1 風吹けば名無し :2022/01/11(火) 18:27:36.43

    日本代表DF冨安健洋が右SBレギュラーに定着したアーセナルが、今月中にセルビア代表FWドゥシャン・ベラホ*(21)をセリエAのフィオレンティーナから獲得する可能性が高まった。

    英大衆紙『デイリー・ミラー』によると、移籍金は7000万ポンド(約112億7000万円)。アルテタ監督も「大型補強の準備している」とベラホ*の獲得を示唆しているとした。

    ベラホ*は昨シーズン、ストライカーの育成で定評があるブランデッリ氏がフィオレンティーナ監督に就任して頭角を表し、リーグ戦で21ゴールを記録。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7a5d60552d6074e8fba02772062e83aaff11df72


    【【速報】アーセナル、セルビア代表FWヴラホヴィッチを移籍金112億円で獲得へwwywwywwywwyww】の続きを読む



    1 Egg ★ :2021/12/15(水) 22:10:43.39

    近年はドルトムントFWアーリング・ハーランドのようにサイズとスピードを兼ね備えたアタッカーが増えてきているが、セリエAにも注目すべきビッグマンがいる。

    今月11日のミラン戦でも得点を挙げたウディネーゼFWベトだ。

    まだ有名な存在ではないだろう。ベトはポルトガルのポルティモネンセで頭角を現し、今夏にレンタルでウディネーゼに加わった23歳だ。

    サイズは194cmとかなり大きく、ウディネーゼでは早くもリーグ戦15試合で7得点と活躍。ウディネーゼからさらにステップアップしそうな気配を漂わせている。

    伊『Calciomercato』によると、ベトがモデルにしているのは元カメルーン代表FWサミュエル・エトーだという。サイズなどは大きく異なるが、ベトはスピードにも自信を持っている。その点からエトーのプレイを参考にしているのだろう。

    「僕はサイズもあって、パワーとスピードも備えた理想的なストライカーだと思っている。もちろんまだ改善すべき点は多いけどね。モデルはエトーだ。ラツィオ戦で1度33km/hのスピードを出したけど、不満だね。過去には35km/hを出したこともあるし、37km/hには達したい」

    194cmもサイズのあるストライカーが35km/hなんてスピードで突進してくるのは恐怖だ。すでにセリエAのDFは対応に手を焼いており、細かな部分を伸ばせばワールドクラスのストライカーになるかもしれない。

    ストライドが大きく、バネもある。現代サッカー界が理想とするセンターフォワードに思えるが、ベトはどこまで伸びるのか。今のペースなら今季のセリエA二桁得点も現実的で、強豪クラブも目をつけ始める頃だろう。

    ワールド 12/15(水) 19:50
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f4ef7ca61e1ba3f7049de9771ba34a34f4ee84b3

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?exp=10800


    【【サッカー】<ベト>194cm”のサイズで35km/hは出せるモンスターFW登場! エトーをモデルにする超新星 [Egg★]】の続きを読む

    このページのトップヘ