1 Egg ★ :2022/02/27(日) 08:15:10.32

チームは敗れた。だが、17番の存在感は明らかに際立っていた。

 現地時間2月26日に行なわれたラ・リーガ第26節で、久保建英が所属する16位のマジョルカ(勝点26)は、12位のバレンシア(同30)とホームで対戦。開始4分に敵CBガブリエウ・パウリスタに決められた豪快なミドル弾一発に泣き、0-1で黒星を喫した。

​​​​​​​【動画】現地絶賛!敵陣を斜めに切り裂く久保建英の圧巻スルーパスをチェックhttps://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=105904

 この試合で輝きを放ったのが久保だった。序盤からドリブルで果敢に仕掛けると、バレンシアはファウルを連発。なんと、試合を通して3枚のイエローカードを誘発した。

 前半アディショナルタイム2分には、右サイドでボールを受け、ドリブルで切れ込んで、得意の形からシュートを放つも、ここはわずかに枠を捉えられない。

 圧巻だったのは52分のプレーだ。右サイドから敵陣を斜めに切り裂くスルーパスを逆サイドのハウメ・コスタに供給。ビッグチャンスを創出したが、この左SBがシュートを外し、ゴールには繋がらなかった。


 フル出場で違いを作り続けた日本代表MFを、現地スペインのメディアは絶賛。『Ok Diario』は「クボはクラッキだったが、足りなかった」と見出しをつけ、次のように綴った。

「バレンシアがファウルでしか止められなかった日本人選手が素晴らしいプレーを見せた。コソボ代表のムリチが最高のパフォーマンスを見せられなかったこの試合で、クボは間違いなくマジョルカで最高の選手だった」

 またスペイン全国紙の『AS』は、ゴラッソを決めたガブリエウとともに、マジョルカでは唯一となる最高評価の3点を付与。「クボがマジョルカの目覚まし時計として登場」と綴り、なんとこの20歳に10回もファウルを*たバレンシア陣営を「早朝に目覚まし時計を止める人のようだった」と驚きをもって伝えている。

 この日のバレンシアのファウル数は「21」。うち約半分が、久保に対してのものだったことになる。

サッカーダイジェスト 2/27(日) 5:20わ
https://news.yahoo.co.jp/articles/959a808b13b3bbf4b82d58d5ca5a51c35d9e989e

写真

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l&w=640&h=460&exp=10800

【サッカー】<久保建英>キレキレのドリブル、圧巻スルーパスで躍動も…マジョルカは猛攻実らず、絶不調バレンシアに痛恨黒星
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1645887996/


【【サッカー】<久保建英>“被ファウル数”にスペイン現地衝撃「ファウルでしか止められない」全国紙最高評価「マジョルカで一番の選手」 [Egg★]】の続きを読む