ハーランド



    1 爆笑ゴリラ ★

    3/13(日) 5:15配信
    東スポWeb

    札束攻勢となっているハーランド(ロイター)

     欧州ビッグクラブの間で争奪戦となっているドイツ1部ドルトムントに所属するノルウェー代表FWエーリングブラウト・ハーランド(21)が、今夏にイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーを選ぶ見通しになったと、英紙「デーリー・メール」が報じた。

     報道によると、すでに個人的な条件面について話し合われ、合意に至っているという。ハーランドはドルトムントとの契約に6300万ポンド(約96憶円)の放出条項があり、同選手の代理人であるミノ・ライオラ氏も成功報酬を受ける。これらの費用にサインオンボーナスを加え、同紙は総額1億ポンド(約153億円)の移籍になると試算した。

     移籍先を巡ってはレアル・マドリード、バルセロナ(ともにスペイン)、パリ・サンジェルマン(フランス)といったビッグクラブの名前も挙がっていた中、Rマドリードの優勢情報もあったが、マンチェスターCの勝利間近というわけだ。

     先日にはハーランド本人がジョゼップ・グアルディオラ監督の元でプレーしたいと考えていると報じられていたが、それも交渉が進展していた証しでもあったようだ。

     成功すれば、かねてストライカー補強を目指していたマンCにとってこれ以上ない成功となるが、何が起こるのかわからないのが移籍話。このまますんなり正式決定となるのだろうか。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/519b9bf3b4da2ad72d2a4754092020e0b874431a


    【【サッカー】ハーランドが今夏マンチェスターC移籍へ 総額153億円「すでに合意」と英紙 [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む



    1 Egg ★

    スペイン1部バルセロナがドイツ1部ドルトムントのノルウェー代表FWエーリングブラウト・ハーランド(21)に近日中に正式オファーを出す準備を進めており、その仰天の内容が注目を集めている。

     スペイン紙「スポルト」は「バルセロナがハーランドに5シーズンの契約をオファーする用意を調えている。1シーズンの手取りの報酬は2000万ユーロ(約26億円)で、獲得したタイトルやパフォーマンスに応じて重要なオプションがある」と報道した。

     年俸に関してはバルセロナ側が支払う税引き前の額は4500万ユーロ(約59億円)前後になり、オプションを満たすと5000万(約65億円)にまで達する見込み。さらに「加えてバルセロナは、クラブの財政状況が改善したときにハーランドとの契約の〝見直し〟を約束する」と同紙は指摘。現在バルセロナは深刻な財政難に*いるが、大型スポンサーとの契約を次々と進めており、今後財政状況が上向けばさらなる年俸アップも確約する方針だという。そうなると、バルセロナが支払う年俸の額面は最大で6000万ユーロ(約78億円)近くまで達する可能性もある。

     今季の獲得を目指す場合はドルトムント側に7500万ユーロ(約98億円)を支払う条項があり、さらに「(代理人の)ミノ・ライオラとノルウェー人の父親の両方に多額の手数料がかかる」と説明。ライオラ氏は手数料として70億円程度を望んでいると現地メディアで報じられている。これらすべてを合計すると、バルセロナ側が用意しているオファーは総額で約560億円という〝暴額〟になりそうだ。

     ハーランド獲得にクラブの命運をかけるバルセロナ。せっかく上向きかけているクラブの財政が再び傾くことにならないのだろうか。

    東スポ 2/20(日) 16:35
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3370ba36af5f4ead8575206625fdb2d483885a53

    写真 
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=459&h=640&exp=10800


    【【サッカー】<バルセロナ>ハーランドに正式オファーへ!総額560億円超えか?年俸「税引き前」額は約59億円「手取り」約26億円 [Egg★]】の続きを読む



    1 Egg ★

    ドイツ1部ドルトムントに所属するノルウェー代表FWエーリングブラウト・ハーランド(21)が大手スポーツメーカー「アディダス」の本社を訪れ、元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏らと極秘会談したと、ドイツ紙「ビルト」が伝えている。

     1月末でハーランドと契約満了となったナイキ社は5年総額5000万ユーロ(約65億円)を提示し、再契約をオファーしている中、プーマ社も同規模の条件を提示するなど、世界的なメーカーがハーランドを巡って火花を散らしている。

     そんな中、同紙によると、ハーランドは7日に実父のアルフインゲさんとともにアディダス本社を訪問。さらにはハーランドが幼少期に憧れていた元スペイン代表MFミチュ氏とジダン氏が極秘会談に同席し、選手に対してアディダス社のサポート体制などについて説明を受けたという。

     ハーランドが正式契約することになれば、アディダス社とサプライヤー契約を結ぶなど、強固な関係を築いているスペイン1部レアル・マドリード入りが有力となるとみこまれている。ハーランド獲得を熱望するスペイン1部バルセロナとフランス1部パリ・サンジェルマンはナイキ社と契約しているためだが、果たして、世界最強ストライカーはどんな決断をするのか

    東スポ 2/14(月) 14:34
    https://news.yahoo.co.jp/articles/801cc38200b1def65292150f208e8abc4c595ca4

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=463&exp=10800


    【【サッカー】<ハーランド>アディダス本社でジダンらと極秘会談! 今夏のレアル・マドリード入り加速へ... [Egg★]】の続きを読む



    1 風吹けば名無し :2022/02/01(火) 10:34:38.15

    アーセナルの時代も近い


    【【朗報】アーセナル、戦力外を大量放出に成功。ハーランド獲得の布石か?】の続きを読む



    1 Egg ★ :2022/01/03(月) 19:31:24.10

    ドイツ1部ドルトムントのノルウェー代表FWエーリングブラウト・ハーランド(21)を巡る争奪戦が激化する中、超大穴候補としてイタリア1部インテルが急浮上してきた。

     インテルはオーナーの中国蘇寧グループが財政難のため売却方針を決定。イングランド・プレミアリーグのニューカッスルを買収したサウジアラビアのモハメド・ビンサルマン皇太子率いる同国の政府系ファンド「PIF」と基本合意し、米経済誌「インターナショナル・ビジネスタイムズ」によると10億ドル(約1150億円)の買収額で近日中に正式決定する見込みとなっている。

     そうした中、すでに〝新生インテル〟がビッグプランへ向けて動き出している。スペインメディア「ミオトラリーガ」は「彼らはハーランドと〝銀河契約〟を結ぶ可能性を試したい。欧州チャンピオンズリーグ(CL)のチームでもあるため、より説得力のあるプロジェクトであり、ビンサルマン皇太子が持つニューカッスルとは違う」とインテルが争奪戦に乗り出すと報じた。

     とはいえ、ハーランドに対してはスペイン1部レアル・マドリードや、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーなどビッグクラブが獲得へ動いている。〝後出し〟のインテルにつけ入る隙はなさそうだが、大勢を覆す強力な武器がズバリ〝カネ〟だ。

    「とにかく彼らは費用を惜しまない。マドリードなどのチームが争奪戦の主導権を握っているのは事実だ。しかし(条件を)カットすることを主張するならば、エージェントはインテルのプロジェクトがリーダーになる可能性がある。それは非常に魅力的かもしれない」と指摘。

    ハーランドの契約を巡っては、代理人のライオラ氏が破格の手数料などを要求しており、史上最高額の年俸も含めて総額500億円を超える条件を想定している。これまでは要求を満たせるクラブはなかったが、資産が約50兆円とケタ違いの富豪であるビンサルマン皇太子ならば話は別。ハーランド側の天文学的な要求に対して、鶴の一声で満額どころかさらに上乗せする可能性すらありそうだ。

     インテルが買収発表とともにハーランド争奪戦にも電撃参戦することになりそうだ。

    東京スポーツ 1/3(月) 16:25
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d7dbcd625b3208372436ed2069525beb0ce4e427

    写真 
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=550&exp=10800


    【【サッカー】<ハーランド争奪戦>急展開!資産約50兆円の富豪サウジ皇太子による買収合意のインテルが急浮上!〝白紙の小切手〟提示へ [Egg★]】の続きを読む



    1 Egg ★ :2021/12/15(水) 17:20:47.17

    スペイン1部バルセロナが来夏の戦力補強で早くも〝連敗〟だ。

     スペインメディア「エル・ナシオナル」によると、バルセロナのシャビ監督はフランス代表FWウスマヌ・デンベレが今季限りで退団が濃厚なことから、ウイングの強化を要求。クラブはドイツ1部バイエルン・ミュンヘンと今季限りで契約を満了し、フリーとなるフランス代表FWキングスレイ・コマン(25)に獲得オファーを出したが早くも「ノー」と拒否されたという

     すでにバルセロナは来シーズンに向けてオーストリア1部ザルツブルクに所属するドイツ代表FWカリム・アデイエミ(19)の獲得にも動き、移籍金4000万ユーロ(約51億2000万円)を提示するなど総力を挙げていた中、ドイツ1部ドルトムント入りが内定。ストライカー争奪戦は〝連敗〟となった。

     同メディアが「これは、バルセロナのスポーツ経営陣を驚かせた非常に奇妙な決定だ」と伝えているように、世界屈指のビッグクラブが早々にオファーを拒否されたという事実にクラブ側も困惑。チーム力の低下と深刻な資金難に苦しんでいる中、改めて〝ブランド力〟の低下を突き付けられた格好だ。

     ちなみにコマンはフランス1部パリ・サンジェルマン入りが濃厚。かつて所属した古巣クラブであり、あこがれるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(34)とプレーすることを熱望しているためで「バルセロナに入団する計画はない」と伝えている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a87b35ddba4a0f624e972cfb2fa6d01a1e98274f


    【【サッカー】<バルセロナ>深刻なブランド力低下...来夏の獲得を検討していたストライカー2人が入団拒否!コマン「ノー」 [Egg★]】の続きを読む



    1 Egg ★ :2021/12/15(水) 06:13:31.55

    バルセロナはボルシア・ドルトムントFWアーリング・ハーランドの獲得に全力を挙げる考えだ。スペイン『マルカ』が報じている。

    敗退したチャンピオンズリーグでは6試合2得点、現在8位につけるラ・リーガでは16試合25得点と、深刻な得点力不足に陥るバルセロナ。『マルカ』曰く、ジョアン・ラポルタ会長はこの問題を解消するために、この冬、また来夏の移籍市場でストライカーの獲得を目指しており、候補の中でもとりわけハーランドに執着しているという。

    ラポルタ会長は今年3月に会長選挙に勝利したときから、スポーツ面はもちろんのこと、マーケティングなど財政面でもハーランドが重要な存在になると考えていたようだ。

    先には同会長が、ゴールデンボーイ授賞式でトリノを訪れた際にハーランドの代理人ミノ・ライオラ氏と話し合ったことが報じられたが、両者は継続的にコンタクトを取り続けてきた模様。

    その主要な目的はハーランドの移籍だが、アヤックスDFノゼア・マズラウィなど、バルセロナが興味を持ち得る違う選手も話題に挙がっている可能性もあるとのことだ。

    そしてハーランド獲得費用だが、『マルカ』はそれが7000万ユーロ以下にはならないことを指摘しつつ、ラポルタ会長が現在、あまりに高額なライオラ氏の手数料の引き下げを目指していると報道。

    加えてバルセロナ側はライオラ氏を通じて、同選手に対して「カンプ・ノウの主役」「リーダー」「ラ・リーガで輝ける」ことを約束しているようだ。

    果たして、深刻な財政難に陥っているバルセロナは、この冬か来夏にハーランドを本当に獲得できるのだろうか。『マルカ』は「ラポルタがあきらめることはない。彼は決意を固めている」との言葉で同記事を締めている。
     
    GOAL 12/15(水) 6:10
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3e1b72bb1d764b279d5f8e0bbab03d8caccc2b2e

    写真 
    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=360&exp=10800


    【【サッカー】<バルセロナ>ハーランド獲得に全力を挙げる…獲得費用は7000万ユーロ以上 | ラ・リーガ [Egg★]】の続きを読む

    このページのトップヘ