ビーレフェルト



    1 久太郎 ★

    ビーレフェルトMF奥川雅也が、ブンデスリーガ第23節ウニオン・ベルリン戦でゴールを奪った。

    今季ブンデスリーガで7ゴールを奪い、チーム内得点王の奥川雅也。直近3試合は得点から遠ざかっていた25歳MFだが、ウニオン戦で待望のゴールを決めた。53分、ボックス内でフリーのポジションを取ると、ワントラップから鋭い振り抜きでシュートを突き刺している。これで奥川は、今季のブンデスリーガ8ゴール目。好調を維持している。

    劣勢のウニオンは75分、2試合ぶりに遠藤渓太を投入して状況の打開を図る。一方のビーレフェルトは84分、殊勝の奥川がお役御免に。守備を意識した交代で、逃げ切りを狙う。

    結局試合はこのまま終了。ビーレフェルトがホームでウニオンを1-0で下した。なおウニオンの原口元気は、ベンチ入りするも出場機会はなかった。

    前節6試合ぶりの黒星を喫していたビーレフェルト。奥川の決勝点で、3試合ぶりの勝利を収めた。勝ち点を25まで伸ばし、暫定で14位に浮上した。一方のウニオンは3連敗。その間ノーゴールと苦しんでいる。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/787b8b2d08c964c7c2593cff9e84e228addb243f


    【【サッカー】奥川雅也の今季ブンデス8ゴール目が決勝弾!ビーレフェルト、遠藤渓太出場のウニオンに勝利 [久太郎★]】の続きを読む



    1 久太郎 ★ :2022/01/17(月) 02:41:19.25

     現地時間1月16日、ブンデスリーガ第19節が行なわれた。ここ3試合連続でゴールを決めているMF奥川雅也が所属するビーレフェルトは、ホームにグロイター・フュルトを迎えた。

    【動画】現地アナが「メッシ並み」と称賛! 奥川雅也の4試合連続ゴールをチェック

     21年12月14日に行なわれた第16節のボーフム戦以降、RBライプツィヒ戦、フライブルク戦と1試合に1ゴールのペースで得点を積み重ねている奥川は、この日も先発出場。4戦連発への期待が高まっていた。

     そして、絶好調のアタッカーはその期待にいきなり応える。開始8分、クリューガーからのパスを受けるとドリブルでエリア内に進入。GKとDFをひきつけながら右足でシュートを放ち、冷静にゴール左隅へ流し込んだ。


     
     実況アナウンサーは、「これはメッシのようなゴール。GKとDFの位置や動きをしっかり見極め、決して力んでいない」と驚いた様子でこのゴールを称えている。

     データサイト『Opta』によれば、同クラブでブンデスリーガにおける4試合連続ゴールは史上3人目に。「フランク・パゲルスドルフ(1982年に5試合連続)、ロン・バックリ―(2004年に6試合連続)に続く記録」と綴っている。

     この日本人アタッカーのゴールで勢いに乗ったビーレフェルトだったが、34分に追いつかれ、前半を1-1で折り返している。

    構成●サッカーダイジェストWeb編集部

    https://news.yahoo.co.jp/articles/15c13cfae667cad3ec251bd1e29133509ab9eec6


    【【サッカー】「これはメッシだ」ビーレフェルト奥川雅也が圧巻の4戦連発! グロイター・フュルト戦でブンデス今季7点目を奪取 [久太郎★]】の続きを読む

    このページのトップヘ