マンチェスター・ユナイテッド


    『第28節 マンチェスターシティ対マンチェスターユナイテッド』


    マンUのC・ロナウドが先発落ちに激怒してポルトガルに帰国か マンCに完敗のチームに激震?
     マンチェスター・ユナイテッドのFWクリスティアーノ・ロナウド(37)が6日のマンチェスター・シティー戦での起用法に不満を訴えてポルトガルに帰国した…
    (出典:スポニチアネックス)


    【『第28節 マンチェスターシティ対マンチェスターユナイテッド』】の続きを読む



    1 久太郎 ★ :2022/02/24(木) 06:56:14.39

    ベンフィカ 2-2 アヤックス
    [得点者]
    デュサン・タディッチ (前半18分)アヤックス
    オウンゴール     (前半26分)ベンフィカ
    セバスティアン・ハラー(前半29分)アヤックス
    ロマン・ヤレムチュク (後半27分)ベンフィカ
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20152441


    アトレティコ・マドリード 1-1   マンチェスター・ユナイテッド

    [得点者]
    ジョアン・フェリックス(前半07分)アトレティコ
    アントニー・エランガ (後半35分)マンU
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20152443


    UEFA-CLベスト16 全試合結果
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41


    【【サッカー】UEFA-CLベスト16第1戦 ベンフィカ×アヤックス、アトレティコ×マンU [久太郎★]】の続きを読む



    1 Egg ★ :2022/01/15(土) 06:13:25.38

    マンチェスター・ユナイテッドに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが自身のキャリアについて「42歳までプレーできるかどうかを見極めたい」と考えていることを明かした。『ESPN』が12日に伝えている。

     昨夏に古巣のマンチェスター・Uに復帰したC・ロナウド。チームは今季ここまで9勝4分6敗の7位と苦戦を強いられているが、C・ロナウド自身は公式戦14得点を挙げ、キャリア通算ゴールを『803』に伸ばしている。

     そんなC・ロナウドは今年の2月に37歳の誕生日を迎える。ブラジル版『ESPN』のインタビューに対しては、「細胞レベルでは、僕は30歳と同じ感覚だ。体と精神をすごくケアしている」と自身のコンデションについて言及。「33歳を過ぎてからは、体は必要に応じて調整できるけど、本当の戦いは精神的なもの」とメンタル面のケアの重要性を語った。

     また、C・ロナウドは自身のキャリアについても話しており、「40歳、41歳、42歳までプレーできるかどうかを見極めたい」とコメント。最長で42歳まで現役を続行する考えを示している。 
     
    ゲキサカ 1/14(金) 23:15
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ade360619fc70c06a2f92bde25d0033daa935366


    【【サッカー】<C・ロナウド>42歳まで“現役宣言”「細胞レベルでは、僕は30歳と同じ感覚だ」「プレーできるかどうかを見極めたい」 [Egg★]】の続きを読む



    1 Egg ★ :2022/01/06(木) 19:06:33.52

    イングランド・プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドの内紛が拡大し、退団希望選手が17人まで増加してクラブ史上最悪の危機を迎えている。

     マンチェスターUでは選手間で今季途中から就任したラルフ・ラングニック監督(63)への不信感が高まっており、11人の選手が退団を検討していると現地で報じられたばかり。さらにクラブや指揮官の迷走ぶりに不安が拡大しており、今後の退団を希望する選手がトップチーム登録の大半にあたる17人まで増加していることが判明した。

     英紙「デーリーメール」は「マンチェスターUは次のシーズンが始まる前にオールドトラフォード(本拠地)から2桁の選手が離脱する事態に直面している。クラブの雰囲気はラングニック監督が就任してからドン底になっており、合計17人の選手が不満を抱いている」と報道した。

     同紙は〝反ラングニック〟を掲げる派閥として「チームを離れたいグループはFWアントニー・マルシャル、MFポール・ポグバ、FWジェシー・リンガード、FWエディンソン・カバーニ、MFフアン・マタなどは今季が終わればチームを離れることが確実だ。不満を抱く選手はGKディーン・ヘンダーソン、MFドニー・ファンデベーク、DFエリック・バイリーなどは起用法に満足せずチームを離れる計画をしている。MFネマニャ・マティッチとDFフィル・ジョーンズも去る可能性がある」と指摘した。

     さらに「選手間の不和も起きている。FWクリスチアーノ・ロナウドと主将のDFハリー・マグアイアがウルバーハンプトン戦後に急激に関係が悪化したことが分かった」。大物同士が衝突し、今後の状況次第で退団する懸念まで出てきた。

     まさに空中分解寸前。長い伝統を誇る名門がクラブ創設以来最大の危機に直面している。

    東スポ 1/6(木) 18:08
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d04aad5be3a1707c3e24bf18a4b24a588a66f7fd

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=462&exp=10800


    【【サッカー】<マンチェスター・ユナイテッド>内紛が拡大!退団希望選手が17人まで増加か?現地紙報道... [Egg★]】の続きを読む



    1 Egg ★ :2021/12/21(火) 22:44:20.59

    リーベル・プレートに所属するアルゼンチン代表FWフリアン・アルバレスの獲得に向け、欧州ビッグクラブによる争奪戦がさらに激化しつつあるようだ。マンチェスター・ユナイテッドなども参戦してきたと報じられている。

     現在21歳のアルバレスはリーベル生え抜きの新たなビッグスター候補。今年6月にはアルゼンチンA代表デビューも飾り、クラブでも今季アルゼンチン1部リーグで21試合18得点とゴールを量産している。


     欧州からも多くのビッグクラブがアルバレスに注目。これまでスペインなどのメディアでは、レアル・マドリードやユベントス、アストン・ビラなどが特に関心を示しているとも報じられていた。

     アルゼンチン紙『オレ』が19日付で伝えたところによれば、ユベントスのほかミラン、インテル、レバークーゼン、バルセロナなどはすでにスカウトを派遣し獲得への積極的な動きを見せているという。さらにここ数週間で、新たにマンチェスター・ユナイテッドやバイエルン・ミュンヘン、アトレティコ・マドリードからの接触もあったとされている。

     リーベルとしては、カタールワールドカップ出場を目指すためには安定してプレーできる環境が必要であることなどを理由として、アルバレスの引き留めを図ろうとしているようだ。だがリーベルとアルバレスの契約には2000万ユーロ(約26億円)の契約解除金が設定されているとみられており、この金額を支払うクラブが出てきたとすれば、あとは本人の意思次第で欧州移籍が実現することが見込まれる。

    フットボールチャンネル 12/21(火) 20:32
    https://news.yahoo.co.jp/articles/91c158feabcd61cea8b115b402aaffd938b9bcc9

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?exp=10800


    【【サッカー】<FWフリアン・アルバレス>マンUなども参戦で争奪戦激化?今季アルゼンチンリーグで21試合18得点とゴールを量産 [Egg★]】の続きを読む

    このページのトップヘ