1 Egg ★ :2022/03/05(土) 21:26:12.88

ユヴェントスのアンドレア・アニェッリ会長が、英紙『ファイナンシャル・タイムズ』の「ビジネス・オブ・フットボール・サミット」に出席した際、欧州スーパーリーグ(SL)構想に再び言及した。

昨春、レアル・マドリーやユヴェントスなどが主導した、スペインやイングランド、イギリスのビッグクラブ12チームによる欧州SL構想。だが当初、参加に関心を示していたクラブは相次いで撤退し、空中分解に終わった。しかしユヴェントスのアニェッリ会長は、依然としてSL構想の実現に意欲を見せている。

「ヨーロッパサッカーは、絶望的なほどに改革を必要としている。SL構想は失敗に終わったわけではない。UEFAは、私がユヴェントス会長として、何が別の取り組みを行っていたことを知っていたはずだ。それに1つのクラブによるものではなく、12クラブが一緒になって取り組んでいたものだ。この12クラブは、120ページにおよぶ契約書にサインした。そのうち11クラブに対してまだ効力がある」

「もはや妥協を選択肢とするべきではない。より深い改革が必要だ。目的に対して運営構造が不適切であるように考えている。UEFAのような独占状態の組織に、サッカーのようなビジネスを主導することができるか? そうは思わない。私は透明性のある運営体制を支持したい」

最後にアニェッリ会長は、ユヴェントスが5年後もチャンピオンズリーグ(CL)に出場するかどうかを問われると、「ユーヴェは5年後、ヨーロッパでもっとも重要な大会に出場しているだろう」とコメント。明確な発言を避けた。

GOAL 3/5(土) 21:04
https://news.yahoo.co.jp/articles/87fc7f3cbecf3e543a96fa7d5497e8ffb26d79f0

写真 
(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l&w=640&h=426&exp=10800


【【サッカー】<ユヴェントスのアンドレア・アニェッリ会長>再び欧州スーパーリーグ構想に意欲!「絶望的に改革が必要」 [Egg★]】の続きを読む